【vita】HENkakuの進化版、h-encoreインストール方法(7/2更新)

HENkaku

HENkakuの後継ソフト、h-encoreのインストール方法(7/2追記)

ついに、3.65,3.67,3.68の無改造FWにHENKAKUをインストールできる時が来ます。

まだh-encoreは公開&インストール方法は公開されてませんが、
あらかた予想はついていますので先に記事にしておきます。

「公開されました」

VITA TVに入れる方はこちらも参考に

【HENkaku】PSvita TVにh-encoreを入れてみた(3.68)

h-encoreインストール方法(7/2追記:簡単&正式)

必要なもの

入れ方 “【vita】HENkakuの進化版、h-encoreインストール方法(7/2更新)” の続きを読む

【minecraft】続・逃走中マップ作成再開

man10

以前、逃走中マップの作成を行っていましたが久々に再開します。

鯖のIPも更新しました「minecraft.premirea.jp」

現在はman10鯖民、及びその関係者と共同作成しています。

マップが完成次第、man10のミニゲームサーバーに移植され、ゲームとして実装されます。

作成した作品によってman10で報酬が出ます、ぜひご参加ください。

DISCORDとも連携させています、ぜひご参加ください

なお、あらし防止の為初期状態はスペクターにしてます。

問題がないと判断した場合、権限をお渡しします。

プラグインとして作成支援PLを導入しています。

  • WE
  • VoxelSniper

ぜひご活用ください。

スマホ向けページ表示改善しました

前々から見にくかったですよね…

今回、PC&タブレット、スマホ向け表示と隔離しました。

スマホ向けの表示はセルティスラボ様よりセルティステーマをお借りしました。

ただプラグインの使用上、スマホ向けのレイアウトは細かい設定ができなくなってますのでご了承ください。

まだスマホでの表示が変わらない方は、キャッシュの除去を行っていただけると幸いです。

【2018年版】Unity 2018.1.1f1にMMDを入れる(1.7f1も可)

Unity

なんか、説明と少し違ったので解決法を記載

必要なもの

やり方

UnityにMMD4Mecanimをインポート

MMD4Mecanimのフォルダにあった「歩き.vmd」をMMDモデルのフォルダにコピー

インポートが終わったら、UnityのassetsのリストにMMDモデルのフォルダを入れる

そうするとassetsのMMDフォルダの中に「~.MMD4Mecanim」という
ファイルができる。それができなければ、インポート、もしくは
MMDのモデルフォルダの構成が間違ってる、または非対応となります。

以上です。

【2018年版】Unity最新まとめ!!

Unity

かれこれ3年?5年?たぶんもっと()
そんぐらい前から有名になってきたUnityさん

今日はそれについてUnity初心者が推す機能や使い方をまとめてきた

無料のUnity何だから今回は有料な話はないよ( ˘ω˘)

人それぞれの使い方

  • 3Dゲームを簡単に作れる
  • 2Dゲームも簡単に作れる
  • 自前のゲームをUnityを使えば簡単に移植
  • MMDみたいな使い方もできる
  • 3Dの部屋を作ってMMDのキャラを置いてVR環境も作れる
  • CG映像作成
  • CG画像作成

エトセトラ。

シュゴイ…∑(*゚д゚*)

アセットを入れると…

Unityにはアセットを手に入れることができるストアも一体型

一応言うがアセットとは素材セットと考えていい

ほとんどのアセットはScript付き、プログラミングは素材に合わせて事前にできている。

殆どは有料だが、中には高機能ながら無料なのもある。

すごいよUnityさん

何がすごいって、マルチすぎるとこ。

まず、Unityは開発環境はもちろんのこと

build可能なプラットフォームがたくさん!!

windowsにmacはもちろんなこと、iosやAndroid、vitaにPS4!!
さらにブラウザで動作するソフトもできちゃう!!

つまり、MMDみたいな使い方してビルドして!!
できたソフトをAndroidやiosに入れれば動くキャラがスマホで常に見られちゃう!!

それもプログラミング無しで!!まさに窓を覗く感覚!!(決して変態ではない)

キャラの動きはアセットストアで簡単に手に入りますしね、
MMDのキャラもある人のソフトで簡単に変換できるし。

ただマップを探索するだけのゲームなら、
基本はマウスでカチカチするだけで作れちゃいますね。

だけど…

もちろんいいことばかりでもない

Unityは…重い、すごく処理を持っていかれる。

3Dの話ではある、2Dはそこまで必要ないかもしれない。

ですが完成品まで処理を相当必要なものとする場合は事前にどうにかする必要もある。

そこはどう処理を軽くするか考えよう。

ちなみに完成品だけ処理を必要とするなら開発中のときだけ描画処理を切るのも手。

Unityで作成したものをビルドした際、完成品には開始時ロゴが表示される。
これは無料版故であります、有料版Unityなら出ませんが…そこは各自の判断。

と、今回はこんな感じ。

初心者故、何か間違っていたらご指摘ください( ˘ω˘)