【2020年版】SafeTyNetを両方合格する方法(EdXposed対応版)

Lineage OSedxposed,magisk,safetynet

注意!

  • 全て自己責任でお願いします!!
  • 端末による環境依存の場合があるため確実に解決する可能性はありません!

以上をご理解した上でお読みください、なお筆者の環境は以下の通り(2020/11/25現在)

  • Razer Phone無印
  • LineageOS 17.1
  • Magisk Canary(21101)+Hide済み(パッケージランダム化済み)
  • Riru Core V22 (Hide機能ON)
  • EdXposed Canary (YAHFA 4573)

ではやっていきましょう

スポンサーリンク

Magisk Canaryのインストール

とりあえずGithubからcanaryをダウンロードしてインストールします。

ただし先にBeta版またはStable版をインストールしておいてください。

magisk manager canaryをクリックすることでダウンロードできるAPKをインストール後、起動して更新することでcanary版になります。

あとはMagisk Hideやパッケージランダム化を済ませた後Magisk Hideに以下のアプリを登録してください。

  • Google Play 開発者サービス
  • Google サービスフレームワーク(バグってチェックはつかないがサブチェックがONになってればおk)
  • google pay(使わないならチェックせずおk)

後は任意で原因になりそうなアプリを登録してください。
多分上2つだけで問題ないはずですが。

以上でMagiskの準備は完了です。

Riru Core

今回は少し前に出たVer.22.0を使っていきます。

新しくHideメカニズムが追加されたのでそれも使っていきます。

少し前まではEdxposedが対応しておらずコアのアップデートとなってましたが
Edxposedのcanary版が対応したため使っていきます。

とりあえずRiru CoreのgithubからVer.22.0をダウンロードしましょう。

必要なのは22.0のzipとapkの2つ
apkはなくても大丈夫だとは思いますが確認の為使います。

あとはmagiskで22.0をインストール後、apkを普通にインストール。

あとはrootでアクセスできるファイルマネージャーで

/data/adb/riru/enable_hide

を作成(中身は空っぽ)

あとはAndroidを再起動することでriru coreがHide機能がオンの状態で起動します。

試しにriruアプリを起動するとhide is enabledと表示されるはずです。

では次にedxposedの導入に移ります。

Lineage OSedxposed,magisk,safetynet

Posted by Premirea