【Root】Jelly2届いたから速攻でMagiskを導入した話

記事jelly2,magisk,root

スポンサーリンク

Jelly2 Root化

なんてことを!?

と言われそうだが、特別な事情がない限り私はAndroidをRoot化すると決めている(普通は逆だろうが)

もちろんメリットは色々あるからね。

2/25に予約したJelly2が4/5にやっと届いた、通関…

んでとりあえず開封&触った感想としてはいい感じ!
ラグくないしカクつきはあまり感じられない。

ダミーSIMでSUICAの利用は無事できそう。

では早速Root化していきます←

手順

まずJelly2は各パーティションに署名の確認を行うAVB機能が実装されています、最近のandroidじゃデフォルトになってきている。

ですがこれはvbmeta.imgをvbmetaパーティションにフラッシュする際に引数を渡すことでAVB機能を無効化できます。

こちらからjelly2のjapan(felica対応版)のfirmwareをダウンロードして解凍して、vbmeta.imgを取り出しておいてください。

では次に、jelly2のbootloaderをunlockしていきます。
いつもどおり、androidの開発者設定からOEMの解除の許可をしておきましょう。

あとはadbコマンドでjelly2をbootloaderモードで再起動させます。

adb reboot bootloader

bootloaderが起動したらfastbootコマンドでunlockしていきます。

fastboot flashing unlock

あとはjelly2でyesを選択することでデータの初期化&unlockが行われます。

次にAVB機能を無効にします、先程用意したvbmeta.imgを以下のように設定してフラッシュします。

fastboot --disable-verity --disable-verification flash vbmeta vbmeta.img

最後のvbmeta.imgは先程用意したvbmeta.imgを指定。

これでAVB機能が無効化されます。

あとはjelly2を起動、Magiskアプリを普通に入れて、jelly2にvbmeta.imgがあったzipと同じ場所にあるboot.imgを転送。

magiskアプリを起動して、magiskインストールを選択後パッチするを選んで転送したboot.imgを選んではじめるを押すことでmagiskがパッチされたboot.imgが生成されますので、PCにパッチされたboot.imgを転送後、再度bootloaderを起動して以下のコマンド。

fastboot flash boot magisk_patched.img

magisk_patched.imgはmagiskアプリでパッチしたboot.imgを指定。

これでRoot化は無事完了ですね、いつかのときみたいにbootloaderに解除キーが必要なくて助かった…

Felicaやgoogle payは使えるの?

Root後これが使えるか心配な方は多いでしょうが、何の問題もありませんでした!

safetynetも問題なく、EdXposedも使えるのでカスタマイズも可。

ちなみに筆者の場合はMagiskはcanary版を使ってますがstable版でも問題ないはずです。
試しに近くのコンビニでfelicaにpontaカード突っ込んで、google payの非接触決済で支払いをしてきましたが普通にできました!

ちなみに、NFCが弱いのか感度弱め。

AudioFX

筆者音楽大好きマンなので音質にこだわる派なので、Viper4Android FXを導入しましたが互換の問題でだめでしたorz

なんか良い感じのAudioFXアプリ無いですかね…

Lineage OSならAudioFX標準装備で助かるんですけどね…

まあ、FX系なくてもそれなりに満足はしてます。
jelly2のためにSONYのイヤホンを事前に買っておいたw

イヤホンさせばラジオとしても機能しますからね。

感想

Jelly2のレビューも兼ねたRoot化記事でしたが参考になれば幸いです。

正直safetynetがfalseになるとjelly2のfelicaの強みが台無しになるのでRoot化はハイリスク・ハイリターンというやつですね。

ですが、ここ半年Magiskのアップデートで安定しているのでまだしばらくは大丈夫だと思います。
多分。きっと。(´・ω・`)

記事jelly2,magisk,root

Posted by Premirea