【cRARk】RAR解析ソフト使い方ガイド GPU編

記事cRARk,RAR,解析

スポンサーリンク

cRARk

先程我が家から古いHDD(昔使ってたPCの)が出てきて、データを整理してた所パスワード付きRARが発掘されたのですが・・・

まあ約10年前のなのでパスワードなんか覚えておらず(そもそも何のRARなのかも思い出せなかった)

んでZIPを昔解析したのを思い出してRARも解析しようと思ったが、ZIPのときより解析が簡単ではないとわかった。
ちなみにZIPのときはCPUパワーだけで解析した、そこまで時間はかからなかった。

今回も解析ソフトいくつか試しましたが、cRARkが最強のRAR解析ソフトだと思ったので使い方まとめ。
ちなみにラッパーのGUI版は使いません。

CUIのみでの操作になります。

cRARkのダウンロードはこちらから、chromeだと危険ファイルと認識されてダウンロードが妨害されますが、継続を押して強制ダウンロードで問題ないです。

使い方

まず自分がネットで調べた時、CUIはわかりにくいな、GUIでやろう!

とネットの記事見つつ、GUIを導入したがやはりその記事の作者同様GPUは使われなかった。

試しにCUIでも試したが、password.defが無いよ!(和訳)と出た。
配布元を見ると、english.defをpassword.defに改名してね!とあったので改名したがダメだった。

だが以下の手順で問題なく、GPUパワーとpassword.defを認識して解析させることには成功しました。

  1. english.defをpassword.defに改名(リネーム)する。
  2. cRARk.exeがあるフォルダでCMD(ターミナル系)を開く、またはcRARk.exeがあるフォルダまでcdする。
  3. ターミナルにcRARk.exeをドロップしたあと半角スペースを入れて、解析したい.RARをドロップするだけ。

以上で解析が始まる、ちなみに引数なしだと1文字から5文字までの解析が行われる。
引数を入れる場合は、半角スペースのあとに -l1 -g8 を入れる。

ちなみにこの場合1から8文字目の間で解析が行われる、ある程度パスワードの文字数が予測できていれば絞ったほうが良い。

また、GPUパワーが無事使われていればCPU時の数倍早いが常にほぼ100%で稼働するので長時間解析は危ないかも。
その場合は別途の引数を使うのが得策。

結果

筆者の環境はRTX2070 SUPERとi7-8700kの組み合わせだが、6文字のパスワードが数分で終わった。
(GPUがクラッシュするんじゃないかとずっとヒヤヒヤした)
7文字、8文字だと市販のPCじゃ限界かもしれない。

それこそマイニング用PCとか、GPUパワーがすごいの用意するレベルだと思う。
正直量子コンピュータを欲しがる人の気持ちが少しわかった。

ちなみに筆者の見つけた化石RARの正体は学生時代に集めた画像だった、ナニとは言わない

記事cRARk,RAR,解析

Posted by Premirea